2010年08月31日

新監督はザッケローニ

六人目の日本代表の外国人監督は初のイタリア人監督。アルベルト・ザッケローニ57歳。95年にウディネーゼの監督就任、一部昇格を果たしリーグ3位にまで登り詰めた手腕を買われ、ACミランに就任。一年目でリーグ制覇に導く。その後、ラツィオ、インテル、トリノと渡り10年途中からユーベの監督に就任し7位でシーズン終了、退任。
実際に指揮を執るのは10月から。来月2日からの代表合宿には参加するが、就労ビザの取得に間に合わないため4日のパラグアイ戦と7日のグアテマラ戦は客席で視察とのこと。
本日、都内にて就任記者会見がある。


ザッケローニにとってははじめての国外での仕事になる。代表監督も初めて。欧州ではクラブ>代表な風潮があり、代表監督はクラブの監督に比べるとちょっと地味な感じ。日本は逆だかな。なぜ日本代表監督を引き受けてくれたのかな?

ザッケローニにとって初物尽くしの日本代表監督。
会見が楽しみだわね。
posted by aya at 08:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161088928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック