2008年06月23日

4強キター

出停でピルロとガットゥーゾを欠くイタリアはアクイラーニ、アンブロジーニを器用。トニとカッサーノを2トップ、ペロッタをトップ下に据える。
序盤はスペインの攻撃が目立つ。が、トニへの放り込みを徹底したイタリアの守備はなかなか崩せない。徐々に攻めあぐねるようになるスペイン。前半は結局イタリアが試合をコントロールする形でスコアレス。
後半もこの状態が続く。イタリアはよりカウンターサッカーが徹底され、ボールが自陣に来れば7人が守備に戻り攻撃は前の3人に放り込む形が明確に。最初に交代を使ったのはイタリア。ペロッタを下げてカモラネージをトップ下に置く。対するスペインはイタリアの分厚い守備を崩そうとより攻撃的な交代で挑む。イニとシャビを下げてセスクとカソルラを投入。攻撃を活性化させる狙う。36分セナの強烈なシュートはGKブッフォンの手を弾いたが惜しくもポスト。その後トーレスを下げてグイサを投入、イタリアもデルピを投入し先制を狙う。延長戦は両者見せ場は作るものの、こぼれ球に反応したシルバのシュートはポストを反れ、ディナターレのヘッドカシージャスの好セーブでCKに。ゴールが遠い。そのまま120分終わって決着はつかずPK戦へ。
後攻2人めのデロッシが外してピンチのイタリア。だが、4人めグイサをブッフォンがセーブ。息を巻き返した……………が、直後イタリア4人めのディナターレが外す。最後はセスクが決めて見事、W杯覇者を破りスペインは実に84年以来のベスト4進出が決まった。

ベスト4  ヤターヽ(゚∀゚)ノ
スペインはセナとシルバが良かったなぁ。セスクのダイレクトスルーパスもスペインの攻撃のアクセントになってたし。カシージャスとブッフォンのPK対決も面白かった。あれだけイタリアに引きこもりされたらゴールするのはまず難しいわな。逆によくイタリアの攻撃を防いだと思う。ピルロが居たらきっとまた違う展開になってたんかなーとは思うけど。あと、イニはまだ本調子ちゃうんかな?食中毒、恐ろしい子。
もしこのままスペインが負けてたら『ポゼッションはうちの方が高いんだが』って悲しい時のガンバをデジャブしちゃう所やったw
これでEURO2008もあと僅か。スペインは次、ロシアとセミファイナル。あと2試合見たいから次、負けんといて欲しいなー。
posted by aya at 09:24| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | EURO2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうっ♪
いやーっ、セスクは若いのによくPK決めたね!
あれ決めてなかったらどうなってたかわからなかったよ!
イニエスタ下げてセスク先発でいいのにね…。
Posted by マシオア at 2008年06月23日 14:13
なんしか相手がブッフォンやし。他に、カソルラもよくあっこで決めてくれたなーって思いました。イニの調子がまだ戻ってないならばぜひともセスクを使って頂きたい(・∀・)

ところでいつの間に10番売り出してたんっすかw
仕事早いなー
Posted by あや at 2008年06月23日 14:36
スペインとドイツは順当にあがりましたね!

しかーし、決勝はトルコ対ロシアでトルコ優勝しますからw
Posted by ジョゼ at 2008年06月24日 17:34
ジョゼさん、マニアック好みですなぁw
確かに今大会の台風の目はロシアですよね。優勝しちゃったりして!
Posted by あや at 2008年06月24日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック